CONTENT MENU

上板橋歯科クリニック
≪住所≫
板橋区常磐台4-36-1
≪診療時間≫
10:00-12:30
14:30-19:30
(土曜13:30 ~15:30)
≪休診日≫
水曜・日曜・祝日


歯が抜けてしまった(インプラント・入れ歯・ブリッジ)

歯が抜けてしまった(インプラント・入れ歯・ブリッジ)

歯の抜けた状態をそのまま放置すると、対合する歯が浮いて弱くなったり、歯垢がたまりやすく、むし歯になりやすくなります。また、噛む機能が低下したり、発音障害になることもあります。

 

歯を失ってしまった場合には人工の歯を装着するインプラントや義歯、ブリッジなどの治療法があります。

インプラント

インプラントとは、失ってしまった自分の歯の替わりに人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。

固定制であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。

メリット

  • 自分の歯のような感覚で噛む事ができる
  • 噛む力、味覚が低下しない
  • ブリッジのように両隣の健康な歯を削る必要がない
  • 見た目がいい
  • インプラントがしっかり固定すると、顎の骨がやせるのを防ぐ事ができる

デメリット

  • 歯を抜く場合と同程度の手術が必要。
  • 体質や疾病(重度の糖尿病など)によっては治療ができない場合がある
  • 費用がかかる

治療の流れ

1.初診相談

初診相談 歯が抜けてしまった場合には、治療方法がいくつかありますので、患者様と一緒になって、最適な治療方法判断していきます。

2.検査・診断

検査・診断 インプラント手術の成功のカギは、手術計画にあります。当院では、より安全で信頼性の高い手術計画を立てるために、10DRインプラントシステムを導入しております。

このシステムは、CT撮影の後、コンピュータ分析により、複雑な顎の骨の3次元的イメージの作成、神経管位置の自動探索、骨の密度の算出、適切なインプラントの埋め込みの位置や角度をシミュレーションすることができます。
患者さまの手術に対する不安や心配を軽くすることができ、精度の高い手術を行うことができます。


3.インプラントオペ

顎の骨にインプラントを埋入します。
局所麻酔を用いて行いますので安心して手術を受けることができます。

4.治癒期間

治癒期間 この後、骨とインプラントがしっかりと結合されるまでの治癒期間を設けます(3~6ヶ月)。
※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。

5.人工歯の装着

人工歯の装着 インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(型取り)を行います。
インプラントの土台の上に人口歯を装着して完成です。

6.定期健診

インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、
適切なホームケアと医院での定期健診が必要です。

PAGETOP

入れ歯

入れ歯

「ゆるくてガタガタして安定しない、咬むたびに浮き上がったり、外れたりするんです」
「入れ歯が歯肉に当たって、痛くて咬めない」
「食べたものが入れ歯の中に入ってしまう」

 

もしも入れ歯に対して「痛い、噛めない、外れやすい」 といったお悩みがあるなら、
ぜひ一度、当クリニックにご相談ください。

メリット

  • 比較的簡単に治療が受けられる。
  • 保険、自費どちらもある。

デメリット

  • 形状が合わないと口の中で動きやすく数年でぐらぐらしてくる。
  • 食べ物カスが残りやすく、口の中が不衛生になりやすい。
  • 硬いものやお餅など、噛むのに苦労する。

PAGETOP

ブリッジ

抜けた歯の周囲にしっかりとした歯が存在する場合に、失った歯の左右の歯を削り、そこに義歯を橋をかけるように作ります。

 

ブリッジ治療は違和感が少なく、咬む能力も入れ歯と比べると自分の歯とほとんど変わりませんが、「橋」の部分の義歯は左右から支えられ乗っているだけの状態ですので、食後に物が溜まりやすくなります。

メリット

  • 被せる人工の歯を選べば審美性は良好。
  • 食感や味覚にあまり影響しない。
  • 比較的簡単に治療が受けられる。

デメリット

  • 両隣の歯を削らなければならない。
  • 支えになる歯の負担が大きく、あまり長持ちしない。

診察をご希望の患者様へ

PAGETOP